笑顔の人達

小手術をして治せる

医師

女性器の小陰唇は、思春期頃から肥大化してはみ出してしまうことがあります。縮小手術により目に見えるメリットだけでなく、心も健やかになるというメリットがあるので肥大化で悩んでる女性は一度クリニックで相談してみるのも必要です。

Read More

肥大を調べる

女性二人

女性にとって小陰唇の肥大はとても大きな問題です。色が黒っぽくなったり、尿の飛び方がおかしくなったりなど、非常に厄介です。ですが、小陰唇の肥大を簡単に調べることが出来るので、気になる方は調べて見ましょう。

Read More

手術の流れ

女性

小陰唇の手術を不安に思っている人も多いですが、手術の流れを把握しておくと、心も楽になります。手術の時には局部麻酔をするので、痛さも感じないですし、体への影響も少ないです。

Read More

様々な個人差

女医

女性器の一部である小陰唇の形、大きさや色には個人差があります。それは顔や体型にも個人差があるのと同じことですが、他人と比較しにくい部分なだけに小陰唇の大きさが異常ではないかと悩む方もいます。 大きさだけでなく色や臭いに悩まれる方もいらっしゃいます。又デニムパンツを履くとこすれて痛みを感じる方もいらっしゃいます。 小陰唇の大きさは1cm程度と言われています。大陰唇から少しはみ出すぐらいです。このサイズを超えていたからと言ってただちに異常であるわけではありません。しかし小陰唇の肥大は大陰唇との間に垢が溜まりやすくなり臭いの原因になることがあるようです。痛みのある方ならほおっておくのも辛いでしょう。 ご自身が悩んでいるなら手術によって小陰唇を縮小することはできます。小陰唇縮小手術は形成外科で行います。

まずは形成外科で相談をしてください。インターネットで検索すると小陰唇縮小手術を得意とする病院が見つかります。手術方法や料金などが掲載されていてとても参考になります。 小陰唇を縮小するためには余分な部分を切除し縫合します。麻酔をしますので痛みを感じることはありませんし手術は1時間もかかりませんので日帰りできます。抜糸は病院によってまちまちです。溶ける糸を使用している場合は一度の手術だけで終わります。抜糸が必要な場合は7日後に再来院する必要があります。しかし手術翌日からはシャワーを浴びることもでき通常通りに生活できます。ただし性交渉は1か月間は避けてください。 意外と悩んでいる方が多いのが小陰唇肥大です。一人で悩まず形成外科のホームページをご覧になってください。実際に手術をした方の体験談が数多く掲載されています。